Print Shortlink

宅配水と水道水を比べてみると

水道水の大きな違いは、塩素が入っているかどうかという点です。水道水に消毒のために入っている塩素は、宅配水の中には入っていません。これは宅配水が雑菌の増殖を抑えるような製造工程をたどっているからです。


水道水は宅配水に比べて美味しくない

塩素が入っていることで発生する独特のカルキ臭が水道水を美味しくなくしています。塩素というのは人間の体にとってもいいものではありません。しかし塩素で消毒することをやめてしまうと、水道管を通ってくる間に入ってきた雑菌が繁殖してしまい、さらに体に悪影響を及ぼします。宅配水で使用されている水は高い濾過システムと厳密な衛生管理のもとボトルに充填されているので、人間に不必要なものが入っておらず水道水より美味しく飲むことができます。


宅配水の旨味の秘密は

水の旨味はミネラルや二酸化炭素の量に左右されます。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの量によって、多ければ硬水、少なければ軟水という呼び方をしますが、日本の天然水はもともと軟水が多いので軟水が人気あります。宅配水として多く出回っている高い濾過能力をもって製造されたRO水は、ミネラル成分をいったん除去してしまうのでそのままですと味気ないのですが、旨味を感じるようにミネラルを添加して調整しているので美味しく感じるのです。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.